街をきれいに|混合廃棄物を理解しよう|地球を綺麗に使おう
男女

混合廃棄物を理解しよう|地球を綺麗に使おう

街をきれいに

工事現場

作業は楽しいのか

ガレキ選別の作業は専門業者が行います。ガレキと聞かれると地震や津波、風水害等の災害で出るイメージがあります。また家屋を解体した時もガレキは出ます。選別作業は業者が再利用できるものとできないもののガレキ選別から始まり、再利用できるものは再資源化工場へ持っていき、再利用できないものは産業廃棄物として適切な方法で処分されます。一昔前は人力によって作業が行われていましたが、近年は機械化が進み作業効率もよくなっています。作業自体も体力勝負な面もあるので業者工場では給料もそれなりに払われます。この作業を行うと例えば震災で発生したガレキの山がきれいになり次の復興の準備が進みます。作業は単純ですが人の生活のために役に立つやりがいがある仕事です。また、災害時だけでなく、企業によっては業務の過程で、どうしてもガレキが出てしまうことがあるでしょう。そんなときも、専門業者に依頼することで効率よく片づけることができます。

いろいろなガレキ

ガレキ選別では様々なガレキを取り扱います。ガレキの種類によって処分の仕方がありますのでそれを間違えないように注意しなければなりません。ガレキの中で一番多いのは木材です。木材は再利用できるので、できるだけ釘や付属している金属などを取り除くようにしなければなりません。金属も金属くずとしてまとめなければなりません。ガレキの中には刃物やガラスの破片、スプレー缶など危険なものも出てきます。これは素人が選別するのは大変なので、業者に依頼しましょう。業者がガレキ選別の作業をするときは、軍手やゴム手袋を着用し長靴を履いて保護眼鏡をして作業を開始します。そのため、安心して選別作業を任せられるでしょう。